くろむのウツボット

うつ病で2度目の復職。ぼちぼちいこか。雑記。

はれ

日曜日。

今朝も起きられた。

二度寝はあまりしなかった。

ごろごろはしたけど。

プレゼンの準備が思ったように進まない。

あまり深く読み込めていない。

今から読み込む時間はなさそうだ。

どうするか。

なるがままにすれば良いか。

たった5分だ。

何とか埋められるだろう。

明日が不安だ。

起きられるだろうか。

起きても行けるだろうか。

今までは起きられないから行けなかった。

でも、起きても行けない日が出てきた。

ちゃんと身支度もできていて間に合う時間なのに、行けなかった。

何が嫌だったのだろう。

特に思い当たるようなものはない。

見ないようにしているだけだろうか。

嫌なものから目を背けているだけなのだろうか。

睡眠リズムが乱れてしまっていた。

ごろごろしてしまってなかなかお風呂に入れず、寝る時間が遅くなってしまっていた。

わかってはいる。

でも、なかなかやる気にならない。

逃げているだけだろうか。

復職は怖い。

いつまでもこうしている訳にもいかない。

崖っぷちだ。

飛び降りて終わるならそれで良い。

そこから自力で飛ばなければならない。

飛んで行く自信がない。

独りでは生きられない。

死ぬならそれでも良い。

ここから飛び立たなくては始まらない。

その勇気がない。

もう限界だ。

答えを急がなければならない。

焦る。

つらい。

現実を見たくない。

諦めたい。

それでも明日は来る。

明日もがんばらなければならない。

無理だとわかっていることに立ち向かわなくてはならない。

無理じゃないかも知れないと思って、その可能性を信じなければならない。

つらい。

今は復職することがつらい。

あの職場に行くことがつらい。

他の仕事でも同じだろう。

がんばることがつらい。

甘えているだけかも知れない。

でも、つらいのは変わらない。

助かりたい。

働き方を変えなければならないのかも知れない。

新しい働き方を探すことは難しい。

それでも、復職するのとどちらが楽だろう。

わからない。

楽になりたい。

つらいことからは逃げたい。

つらくない道が必ずあると思う。

生きやすい方法があるはずだ。

自分に合った働き方ができる。

9時5時に縛られない生き方。

朝起きなくても良い。

満員電車に乗らなくて良い。

仕事に行かなくて良い。

そのためにできることを探すのが一番の近道ではないのか。

でも、今できることは、行くことだ。

復職に向けて準備することだ。

崖の下を泳いでも良いけど、まずは飛ぶことを前提に進まなければ。

他の誰かが考えた「理想」かも知れないけれど、自分に合った「理想」ではないかも知れないけれど。

今は何のためかわからなくても良い。

いつかわかるときがくるから。

明日も少しずつできますように。