くろむのウツボット

うつ病で2度目の復職。ぼちぼちいこか。雑記。

くもりいちじあめ

仕事には行けた。

しんどい。

本当に病気なんだなぁ。

無理はできない体なんだなぁ。

どうしよう。

もう無理かも知れない。

明日は行けたとしても、来週5連勤は無理かも知れない。

仕事は忙しい。

でも、今がひとつのピークなのは分かる。

今を乗り越えれば、少しはマシになるはずだ。

その「今」を乗り越えられるだろうか。

またピークは来る。

今度はもっと大きな山だ。

今を乗り越えたとしても、もう次は無理かも知れない。

それなら、このピークを乗り越えたあとで、辞めるべきかも知れない。

今のままでは、病気は治らない。

もっとふんわり生きたい。

しなやかに、おだやかに。

何に向いているのだろう。

自分のペースでできる何か。

人に左右されない何か。

社会の歯車でない何か。

ここではない、たぶん。

好きなことってなんだっけ。

寝食忘れてできる好きなこと。

好きなことを仕事にしたい。

好きなことを忘れてしまった。

ここから逃げ出したい。

連れ出してくれるきっかけを待っている。

それが病気なのかも知れない。

そのために病気になったのかも知れない。

自由に生きたい。

生きるために働いている。

働くために生きるのは辛い。

辛い。

死んで楽になりたい。

楽になりたいだけで、死ぬ以外に方法があるなら、そっちが良い。

死にたくない。

辞めたい。

辞めてもすぐに死ぬことはない。

辞めないほうが病気が悪化して死に至るかも知れない。

辞めたい。

辞めよう、とはまだ思えない。

あのとき辞めていれば良かった。

やり直すのは遅くない。

取り敢えず、吐くまでがんばってみよう。

悪いのは、病気になった自分ではない。

悪いのは、仕事と自分の相性だ。

倒れるまでやってやろう。

どうせ辞めるのだから。